建売住宅と注文住宅のメリット

建売住宅と注文住宅

トップ / 建売住宅と注文住宅のメリット

工務店,建売

工務店の建売住宅が安い理由 

一般に建売住宅のほうが安いと言われていますが、同じ工務店が全く同じものを新築すれば注文住宅でも分譲住宅でも価格は同じになります。分譲住宅が安い理由は、一度に複数棟を新築するため材料費を抑えられる点にあります。業者の違いで安いわけではなく、大量仕入れを行うハウスメーカーと同じ原理が分譲住宅にも働くのです。工務店の場合には施工能力の高さがありますので、品質に関しては安心して購入できると言えます。建売住宅が安くできる理由は材料の一括仕入れにありますが、見えない部分の建材には価格の安い材料を使用している現状もあります。

建売住宅と注文住宅の利点 

家を購入する時には、建売住宅を購入する方法や工務店などに依頼をして注文住宅を建てる方法などがあります。どちらにするかは、それぞれのメリットなどを考えて選ぶ必要があります。建売住宅の良い点は、購入してからすぐに住めることがあります。また、価格が注文建築に比べて安いという点があります。土地をすでに所有している場合や、希望する住宅に住みたいというケースでは、工務店などに依頼をして注文住宅を建てる方法が適しています。また、土地の形が変わっている場合や、その他立地条件が特殊である場合などには、注文建築でないと家が建てられないケースがあります。